【競馬予想】第19回 秋華賞(G1) 2014/10/19

予想

◎1枠2番レーヴデトワール

レーヴディソールの半妹。2歳時に京都内回りの1600mで2戦2勝。阪神では4戦すべて4着以下だが、桜花賞5着がある。前走は新潟の不良馬場で行われた紫苑ステークスを勝っている。紫苑ステークス組は秋華賞との相性の悪さが指摘されているが、今年の紫苑ステークスは新潟での開催となったため、今回は当てはまらないのではないか。12年前に紫苑ステークスが新潟で開催された時は、2着に入ったシアリアスバイオが秋華賞では3着に入っている。鞍上川田騎手は京都2000mの3着内率42.9%で期待できる。ヌーヴォレコルトより前での競馬で先に抜け出せば勝ちが見える。

◯2枠4番ヌーヴォレコルト

オークス、ローズステークスを制し、この世代の勝負付けは済んだ感がある(ハープスター除く)。心配 な点を上げるならば、初めての京都コース。しかも直線の短い内回りへの対応が鍵となりそう。これまでは、直線が長い東京・阪神外回り・中京しか走っていな い。差し届かず先行馬に先着を許す可能性は考えられる。

▲5枠9番アドマイヤビジン

ここ2走は2桁着順が続いているが、前々走は牡馬相手のNHKマイル、前走ローズステークスは慣れない先行策であり、度外視できる。5走前に紅梅ステークスで勝っており、京都コースへの対応はできるはず。人気がないので高配当狙いなら入れたい1頭。

△1枠1番ブランネージュ

勝ち切れないものの、重賞4走で4度掲示板掲示板に載っている。馬体重460kg前後で安定して走っているので抑えておきたい。

△3枠6番ショウナンパンドラ

ここ5走は東京・中山・新潟で走っているが、2歳時には京都で1勝2着1回。未勝利戦を京都2000mで勝っている。前走は紫苑でレーヴデトワールからクビ差の2着。3着までなら。

△6枠12番タガノエトワール

前々走で未勝利を勝って、前走ローズステークスで2着。ローズステークスは展開がハマったような感じだったので、実力を問われると厳しそう。抑えまで。

△7枠14番サングレアル

ブエナビスタ、トーセンレーヴの半妹。フローラステークスの勝ちっぷりは鮮やかだったが、オークス、ローズステークスでは結果が出なかった。馬体重が400kgを少し超えるぐらいで、物足りなさがある。現在リーディング1位の戸崎騎手に期待する。

買い目

レーヴデトワールの単複。単勝20倍前後、複勝3倍以上つくので妙味あり。
あとは◎◯▲のワイドボックスあたりを考え中。

Previous
Next Post »