京都市営地下鉄東西線の全線で携帯電話が使用可能に!

京都市営地下鉄では、烏丸線の全線と東西線の六地蔵駅-山科駅の区間で携帯電話サービスが使用可能でしたが、2015年3月27日(金)の始発からは、東西線の山科駅-太秦天神川駅の区間でも携帯電話サービスが使用できるようになります。これにより、京都市営地下鉄東西線の地下線内も全線で携帯電話サービスが使用可能になります。

京都市営地下鉄東西線

京都市交通局のホームページより

ドコモ・KDDI・ソフトバンクの共同で整備

今回の携帯電話サービスエリアの拡大は、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社の3社によって共同で整備されているそうです。利用者側としては、キャリアにかかわらず地下線内で携帯電話が使用できるようになるので、一層便利になりますね。

サービス提供開始日

2015年3月27日(金)始発より提供開始予定

各社プレスリリース

残る携帯電話不通区間は阪急京都線の地下線

京都市内の地下線区間を持つ鉄道では、これまで京都市営地下鉄烏丸線と京阪鴨東線・京阪本線(出町柳駅-七条駅)で携帯電話が使用できましたが、2015年3月27日(金)の始発からは京都市営地下鉄東西線全線が携帯電話サービス提供区間に加わります。これにより、京都市内の地下線で携帯電話が使用できないのは、阪急京都線の地下線区間(河原町駅-西院駅)のみとなりました。
この区間は携帯電話サービスの整備が進められているという情報がなく、この先整備されるかは不明です。西院駅-大宮駅が開業したのが1931年、大宮駅-河原町駅が開業したが1963年と設備が古いのが関係あるのでしょうか。それとも、乗車時間が短い区間なので、携帯電話サービスの必要はないと考えているのでしょうか。詳細は不明ですが、阪急京都線の地下線内は、まだしばらく携帯電話がつながりそうにありません。

Previous
Next Post »