祇園四条駅のリニューアルなど、京阪電車の鉄道活性化施策が発表された

2015年3月31日、京阪電車のウェブサイトで、祇園四条駅のリニューアルや車両の新造など、2015〜2017年度に京阪線で取り組まれる鉄道事業の活性化施策が発表されました。
京阪電気鉄道株式会社では、京阪グループ次期中期経営計画「創生果敢」でグループ各社の成長戦略が示されています。主要事業と言える鉄道事業では、2015〜2017年度を「成長軌道を取り戻すための3ヵ年」と位置づけ、将来につながる基盤づくりが進められます。

【PDF】京阪グループ次期中期経営計画「創生果敢」(2015~2017年度)について

京阪電気鉄道株式会社

京阪電気鉄道株式会社

2015〜2017年度の京阪線の取り組み

鉄道事業の活性化施策は、「快適性・利便性の向上」「すべてのお客様にやさしい環境づくり」をテーマに進められます。

【PDF】京阪線において「快適性・利便性の向上」「すべてのお客さまにやさしい環境づくり」に取り組みます。

祇園四条駅のリニューアル

祇園四条駅は、京都らしさが感じられる演出が施されるなど、観光客を迎えるに相応しい駅へと大幅にリニューアルされます。また、祇園四条駅を皮切りに、他の駅についてもリニューアルが進められる予定です。

京都地下線各駅のトイレをリニューアル

七条駅〜出町柳駅の各駅のトイレがリニューアルされます。訪日外国人が増加するなどの社会変化に対応し、個室は全室洋式として温水洗浄便座を導入するなど、快適性が改善されます。

13000系の増備

最新型車両の13000系が引き続き増備されます。2016年度までに7両2編成と4両1編成が導入される予定です。これにより2200系・2600系が置き換えられる模様です。

6000系のリニューアル

1983年のデビューから30年が経過した2013年度からリニューアルが進められています。座席の入れ替えや液晶ディスプレイの案内表示機の設置など、最新型の13000系に準じた内装へ大幅にリニューアルされます。毎年1〜2編成のペースでリニューアルが進められ、2021年度までに全編成(8両14編成)がリニューアルされる予定です。

旅客案内ディスプレイの全駅導入

ダイヤの乱れが発生した場合に、障害発生箇所や遅延・運休、振替輸送などの情報が表示されるようになります。平常時は沿線の観光案内などが提供される予定です。2015年度より順次設置され、2017年度に全駅に設置が完了される予定です。

深草駅がバリアフリーの新駅舎に

深草駅は、2013年度から橋上駅舎の新設工事が進められています。エレベーターや多目的トイレが整備され、車いすを使用される方にもやさしい駅となります。ホームの拡幅工事も行われ、安全性が向上されます。深草駅の新駅舎整備は、2015年度末に完了される予定です。

駅ナンバリングと主な駅サインの4カ国語表記の実施

訪日外国人にもわかりやすい表記をめざして、駅ナンバリングや主な駅サインの4カ国語(日本語、英語、中国語[簡体字]、韓国語)表記が進められます。

タブレット端末による通訳サービスの活用

タブレット端末の通訳サービスを活用した案内が強化されます。祇園四条駅では以前から導入されていましたが、2015年3月31日からは守口市駅、枚方市駅、伏見稲荷駅にも導入されます。

老朽化施設のリニューアルで京阪線が快適に

七条〜三条駅が地下線かされてから、まもなく30年を迎えます。駅施設はトイレなど古さを感じる部分も見られたのですが、今回の発表では京都地下線の各駅が順次リニューアルされるようです。京阪線はよく利用するので、各駅がどのようにリニューアルされるのか楽しみです。

Previous
Next Post »