【競馬予想】桜花賞の穴馬を探す! 2015年4月12日

明日はいよいよ桜花賞ですね。もちろん現地観戦に行きます。
ここ4年はディープインパクト産駒が勝っていますが、今年一番人気になっているのはマンハッタンカフェ産駒のルージュバックです。ルージュバックが人気に応えるのか、それともディープインパクト産駒が5連覇を飾るのか、はたまた別の馬なのか。予想していきます。

桜花賞の予想

過去10年で前走チューリップ賞組が6勝しています。 しかし、過去10年でチューリップ賞と桜花賞をともに勝ったのはハープスターとブエナビスタの2頭で、女傑と呼ばれるようなレベルでないとチューリップ賞からの連勝はできていません。
チューリップ賞2着馬からもアパパネとダイワスカーレットの2頭が勝っていたり、ジェンティルドンナがチューリップ賞4着から桜花賞を制しているので、チューリップ賞での着順はそれほど重視しなくて良さそうです。

◎5枠9番アンドリエッテ

チューリップ賞2着のアンドリエッテ。3コーナー途中で不利がありながらも、最後はすごい脚で追い込んできました。スムーズに行っていれば勝てていたかもしれません。馬場も重馬場でしたが、桜花賞は馬場が回復する見込みなので、さらにキレがよくなる可能性があります。
牧田和弥調教師の重賞初勝利とディープインパクト産駒の5年連続桜花賞制覇にも期待がかかります。

◯6枠11番キャットコイン

クイーンカップ1着のキャットコイン。この時の4着がアンドリエッテです。関東でのマイル戦を3連勝で重賞まで勝っていますが、桜花賞では現在6番人気です。初めての関西遠征になりますが、好勝負できる力は持っていると思います。

▲3枠6番レッツゴードンキ

チューリップ賞3着のレッツゴードンキ。かかり気味に先頭に立ち、最後は少々バテてしまったようです。しかし、重賞で確実に2,3着に入る堅実さがあります。人気が落ちる今回もしっかり買っていきたいです。

☆4枠8番ルージュバック

きさらぎ賞1着のルージュバック。デビューから3戦のパフォーマンスは目立つもので人気していますが、3戦とも10頭以下の少頭数で1800m以上のレースです。桜花賞では、初のフルゲート18頭立てで、距離短縮の1600mでのレースになります。スムーズなレースができるかどうかが課題になります。

△7枠15番ココロノアイ

ココロノアイは、マイルの重賞で2勝3着1回。アルテミスステークスは稍重、チューリップ賞は重の馬場状態で勝利しています。阪神ジュベナイルフィリーズでは良馬場で3着でした。
土曜日のレースは稍重で行われましたが、日曜日は天気が晴れのようなので、馬場は良馬場に回復すると思われます。その良馬場でどこまでやれるかが課題です。

△4枠7番クルミナル

チューリップ賞では1番人気で11着。重馬場が合わなかったのが敗因と思うので、良馬場で巻き返しがあるかもしれません。人気が下がっているので、穴として狙ってみたいところです。

買い目

三連複◎-◯▲☆△△-◯▲☆△△(10点)

Previous
Next Post »