アマルティア(エミネントシチーの2013)が茨城県へ移動

ターファイトクラブで出資募集されている、アマルティア(エミネントシチーの2013)が北海道から本州へ移動し、2015年6月4日に茨城県KSトレーニングセンター内のセグチレーシングステーブル・グロースフィールドに入ったようです。KSトレセンは、美浦トレセンの近くにある外厩施設です。

アマルティア

アマルティア(エミネントシチーの2013)の詳細

2500万円/400口(1口6.25万円)
牝馬・鹿毛 2013年3月17日生
父:アドマイヤムーン
母:エミネントシチー(母父:ブライアンズタイム)
生産者:幾千世牧場
栗東・安達昭夫厩舎(予定)

JRA・地方交流あわせてGⅠを9勝したエスポワールシチーの半妹にあたります。
画像はターファイトクラブの募集馬情報に掲載されています。

アマルティアの募集情報

育成は順調に進んでいる模様

2015年5月14日現在の馬体重は490kg。北海道では、週に1回は日高町の坂東牧場に通って、坂路でラスト3Fを15-15程度で走っているようです。他の募集馬はすでに坂路を13-13程度で走っている馬もいるので、アマルティアの調教が他と比べて進んでいるわけではなさそうですが、これまで特にケガもなくじっくりと育成が進められているようです。

デビュー時期は夏〜秋頃か?

入厩に向けてしばらくは茨城県で調整され、その後栗東トレーニングセンターへ入厩になると思われます。気になる入厩時期は今のところ発表されていませんが、このまま順調に進むとデビューは9月の阪神競馬あたりになるのでしょうか。
出資している側としては、早く入厩してレースで走る姿を見たいところでもありますが、まだまだ急ぐ時期ではないので、馬の成長と育成を優先して進めてもらえればと思います。

Previous
Next Post »