阪急洛西口駅付近高架化工事の進捗状況(2015年7月11日)

2015年7月11日(土)、阪急洛西口駅付近の高架化工事の様子を見てきました。
阪急洛西口駅付近は高架化工事が進められていて、京都・河原町方面へ向かう線路は既に高架に切り替えられていますが、大阪・梅田方面へ向かう線路はまだ地上にあって高架は建設中です。

洛西口駅前の踏切を東側から撮った写真。
グレーのネットのようなものが掛けられている部分は、ホームが設置されるところです。道路上にまでホームが伸びていることがわかります。

サウンドトレイン 阪急電車9000系
トイコー (2012-10-31)
売り上げランキング: 2,558

大阪・梅田方面の線路・地上の様子

こちらが梅田方面のりばの駅舎。使用期間は数年間と限られているので、簡易的な作りになっています。

梅田方面へ向かう電車は、踏切を通過していきます。

踏切の南側に、梅田方面のりばがあります。ここだけ見ると単線の路線のように見えます。

踏切から見る京都方面。

7月なので、祇園祭のヘッドマークをつけた電車が走っています。

踏切から梅田方面ホームの入り口と電車の停止位置を見たところです。改札からホームまではかなり近いです。

高架上は河原町方面へ向かう電車が通過していきます。

高架下はまだ整備されていません。店舗が入ったり駐輪場ができたりするのでしょうか。

京都・河原町方面の線路・高架の様子

こちらは河原町方面の駅舎。

券売機・改札口は1階にあります。

河原町方面のりばのホームに上がってみました。
こちらは梅田方面を向いたところ。ホーム端から線路がかなり下っている様子がわかります。

河原町方面を向いたところ。梅田方面のりばも姿を見せ始めています。

河原町方面のホーム端にきました。高架はほぼ出来上がっていて、既にコンクリート製の枕木が用意されています。

河原町行きの準急が入線してきました。

梅田方面のホーム端では、電車が高架を登ってくる様子が見られます。近くの踏切を過ぎてから高架を登るので、かなり急な上り坂となっています。

完成予定は平成28年度末(2017年3月)

阪急京都線(洛西口駅付近)連続立体交差化事業の完成予定は平成28年度末とのことなので、2017年3月までかかるようです。

栄光の車両たちと阪急の100年 ( DVD10枚組 ) HAD-5900
キープ株式会社 (2011-04-12)
売り上げランキング: 16,021
Previous
Next Post »