大都市交通センサス 鉄道利用者調査票をJR山科駅で受け取った

「大都市交通センサス 鉄道利用者調査票」が入った封筒

今日は仕事の関係でJR山科駅を通ったのですが、山科駅で「大都市交通センサス 鉄道利用者調査票」という、国土交通省が実施する交通調査の調査票を受け取りました。この調査は昭和35年から5年毎に行われているもので、交通政策の検討・立案に活かされるそうです。

鉄道利用者調査票が配布される鉄道路線

鉄道利用者調査は三大都市圏で実施されます。

都市圏 調査日
首都圏 2015年11月17日(火)、18日(水)、19日(木)
中京圏 2015年11月17日(火)、19日(木)、20日(金)
近畿圏 2015年11月17日(火)、18日(水)

どの鉄道路線が何日に調査されるかは、国土交通省のウェブサイトに掲載されています。

公共交通政策:大都市交通センサス - 国土交通省

封筒の中身

封筒には紙が2枚入っています

封筒の中には2枚の紙が入っています。

  • 回答要領
  • 調査票
回答要領と調査票

回答要領には「調査ご協力のお願い」や「鉄道利用者調査票の記入方法」が記載され、調査票には「回答方法」と「調査項目」が記載されています。

回答方法

鉄道利用者調査の回答方法は2通りあります。

  1. インターネットで回答を行う
  2. 調査票に回答を記入して郵送する

調査票を受け取れなかった方は、調査回答用のウェブサイトでメールアドレスを登録することで調査の回答をすることができます。

大都市交通センサス | 国土交通省

鉄道の利便性改善につなげるために協力を

こういった統計調査では、個人を特定できるような方法でのデータ収集はされないので、個人情報の流出などを心配する必要はありません。今後の交通政策で使われるデータの精度を高めるために、調査の回答に協力しましょう。

Previous
Next Post »